WordPressのお引越しの話

WordPressお引越しの話。

旧ローカルサーバから新ローカルサーバへ向けてデータを移動する際、ポート番号が異なっていて苦労しました。

ローカル環境ではMAMPではインストールして、データベース環境を構築しています。

 

旧ローカルサーバでは「80番ポート」を利用していましたが、新ローカルサーバでMAMPを導入した際は80番ポートが他のアプリケーションによって利用されていため、やむなく「81番ポート」を利用することにしました。

 

WordPressでは投稿記事などはデータベース内に格納されていますが、テーマなどはサーバ内に格納されているため別途「htdocs」フォルダ内にデータを移動しなければならないようです。

新ローカルサーバへのデータベースのデータ移動やテーマなどの別途移動する必要のあるデータをすべて移動し、さあWordPress開始です!

 

しかし、アドレスを入力しても開かない。

調べたところwebサーバの基本とされているプロトコルである80番ポート以外はアドレスの「localhost」の後ろにポート番号が必要とのこと。

今回は「81番ポート」にしたため、「localhost:81」と記述しないといけないようだ。

 それで今度開いた先では「Virtual Host Success!!」のような内容が記述されている。

これで「とりあえず成功か?」と思ったので、WordPressのログインアドレスを入力し、なんとかダッシュボードまではたどり着くことができた!!

やった!!成功だー!!!

 

と思いきやサイトが表示できない……何故。

 

これまた調べるとWordPressでは80番ポートで開くことを想定しているアドレスになっているため、いくら別ポート番号を付加しても取り外されたアドレスで遷移されてしまう。

これを回避する方法があるとのことで、どこかの設定をいじるらしい。(どこ

時間があれば記載するがポート番号を指定して、URLを指定するようにするらしい。

URLが取得できれば、そのURLをWordPressのデータベースにある「wp-option」の

「homeともう一つ」(思い出しながら書いているので曖昧)でURLを編集すればOK。

 

これでダッシュボードからWebサイトに飛べるはず!

ローカルな環境なのでまた後程試してみます。