WordPressのお引越しの話

WordPressお引越しの話。

旧ローカルサーバから新ローカルサーバへ向けてデータを移動する際、ポート番号が異なっていて苦労しました。

ローカル環境ではMAMPではインストールして、データベース環境を構築しています。

 

旧ローカルサーバでは「80番ポート」を利用していましたが、新ローカルサーバでMAMPを導入した際は80番ポートが他のアプリケーションによって利用されていため、やむなく「81番ポート」を利用することにしました。

 

WordPressでは投稿記事などはデータベース内に格納されていますが、テーマなどはサーバ内に格納されているため別途「htdocs」フォルダ内にデータを移動しなければならないようです。

新ローカルサーバへのデータベースのデータ移動やテーマなどの別途移動する必要のあるデータをすべて移動し、さあWordPress開始です!

 

しかし、アドレスを入力しても開かない。

調べたところwebサーバの基本とされているプロトコルである80番ポート以外はアドレスの「localhost」の後ろにポート番号が必要とのこと。

今回は「81番ポート」にしたため、「localhost:81」と記述しないといけないようだ。

 それで今度開いた先では「Virtual Host Success!!」のような内容が記述されている。

これで「とりあえず成功か?」と思ったので、WordPressのログインアドレスを入力し、なんとかダッシュボードまではたどり着くことができた!!

やった!!成功だー!!!

 

と思いきやサイトが表示できない……何故。

 

これまた調べるとWordPressでは80番ポートで開くことを想定しているアドレスになっているため、いくら別ポート番号を付加しても取り外されたアドレスで遷移されてしまう。

これを回避する方法があるとのことで、どこかの設定をいじるらしい。(どこ

時間があれば記載するがポート番号を指定して、URLを指定するようにするらしい。

URLが取得できれば、そのURLをWordPressのデータベースにある「wp-option」の

「homeともう一つ」(思い出しながら書いているので曖昧)でURLを編集すればOK。

 

これでダッシュボードからWebサイトに飛べるはず!

ローカルな環境なのでまた後程試してみます。

ローカル環境からローカル環境へ

ローカル環境からローカル環境へデータのお引越しをしています。

MAMPを使って「PHPMyAdmin」のデータベースをお引越しです。

 

旧:移動させたいデータベースを選択して、PHPMyAdmin画面内の上部にあるエクスポートを押すとOK。ファイル形式は「sql」。設定は何もいじらず、実行した。

(※今回はデータベース内すべてのデータを移動)

 

新:先ほどエクスポートしたファイルをPHPMyAdmin画面内の上部にあるインポートを押すとOK。

f:id:hibi005:20180612113509j:plain

 

SQL文が書かれたファイルだけあり、バックアップで記述した内容をすべて記載してくれる。

これでWordPressのデータも一括で移動できた。

(ただし、WordPressのデータベースの移動が完了してもメディアやテーマなどのはサーバ上に残っているため別途移動する必要がある。今回はローカル環境への移動のため、htdocsフォルダ内のWordPressフォルダへと移動)

 

WordPress環境の移動がうまくいったかどうかは別記事にて記載予定。

あけましておめでとうございます

あけましておめでとうございます

 

2016年になりましたね。

西暦では2016年」「和暦では平成28年」となります。

聞いたところによると

”2016”は約数の多い数であり、”28”は完全数(約数の総和が元の数と等しい数)

であるそうです。

西暦・和暦ともに意味のある数である今年は数字や数学が好きな方にとって、面白い年になるのでしょうか。

 

私は数学が苦手ですが、最近は理系的な話に興味を持つようになりました。詳しくは理解出来なくても、聞いていると実は知らなかったことが多く面白いと感じます。

 

 

今日は私が住んでいる地域の沿線にある神社に行ってきました。

おみくじを引くことが出来なかったので、次の機会に引こうと思います。

今年の運勢はどうなんでしょうか。

大晦日

今日は12月31日。

もう今年も後少しで終わりです。

 

今年は年末をゆっくり過ごす時間が短く感じるので、慌ただしい気分です。

すぐに次の年が来てしまいます。

 

「生まれてからの20年とその後の人生の体感時間は同じ」という言葉を聞いたことがありますが、この言葉の通り最近は時間の経過が早く感じます。

 

そんな中、今年の一年を振り返ると

何かを始めようとして、3か月くらい忘れてはまた頑張り始めて……を繰り返していて進展が少ない年だったような気がします。

 

時間が短いんだと実感している今年。

来年は少しでも何か自分が出来るようになったと実感できる年にしたいと思います。

 

年越しまで残り時間も少ないですが……

よいお年を!!

最近の証明写真機

証明写真が必要になったため、近所のスーパー付近に設置されている証明写真機に行ってきました。

久々に証明写真機を利用したのですが、最後に利用した3年ほど前と比べて結構サービスが変わっていました。

 

まず、「美白モード」といって肌がキレイに写るモードが選択できたことです。

私は追加料金を払って美白にする必要もないと考えていたので利用しませんでしたが、少しでも印象を良くしたいと考える人が利用されるのでしょう。

 

次に、「写真のデジタルデータをスマホに送ってもらえる」ことです。

もともと私はデジタルデータだけで良かったのですが、写真機ではデジタルデータを取得できないと考えていました。そのため、現像した写真をスキャナーで取り込んでデータ化するしかないと思っていました。

 

しかし!

「データをスマホに保存することが出来る!!」

 

私が知らなかっただけで、かなり画期的なサービスが始まっていたのだなと思いました。

時代の流れとも言えますが……。

写真はデータのみの購入も出来ますし、現物とのセット購入も出来るようです。

どのセットを選択するかによって金額が変わるのですが、私はデータと現物のセットにしました。

ちなみにどうやってデータをスマートフォンに保存するのかというと……。

なんと、Wi-Fi接続が出来るようになっていました。

これにも驚きました……(赤外線が何かで通信するのかと思ってました)

しかし、データのやり取りをするには当たり前のサービスなのかもしれません。

 

最後に、「焼き増し可能」なことです。

デジタルデータが保存できるのだから焼き増しも可能になったということですね。

私が利用していた時は多数の写真が入用でしたので、写真を専門にしているお店に行っていました。そこで写真のデータが入ったCDをもらって、焼き増しをするためにお店に行くといった方法をとっていたのです。

 

 

たまにしか活用しないサービスでもITに対応したサービスがなされていることに驚きました。

こんなことで驚いていてはいけないのかもしれませんが、きっとたくさんのサービスがIT化しているのでしょうね。

この新鮮な驚きを大切にして、今後も様々なことに目を向けていきたいと思います。

「亜人 第1部 -衝動-」を観てきた

亜人の第1部を観賞してきました.

上映期間が2週間という短さだったので,観に行く機会があるか不安でしたが行ってきました.

 

 

あらすじ

亜人という不死身の生き物が発見された世界.

主人公は一般的な高校生であり,普通のありふれた生活を送っていた.

しかし,自身の不注意で起きた事故から自分が亜人であるということに気が付く.

その後国の機関や賞金目当ての人から追いかけられてしまう中,同じ亜人と人間との間で翻弄されていく.

 

 

ただの人間だと思っていた主人公が実は特別な存在であり,「不死身」や「能力」といった設定があるのは面白かったです.

ちょっとだけ怖いと感じたのが,話の途中,主人公が国の機関に捕まってしまうシーンがあります.そこで不死身なのはどういった仕組みなのかを調べるために切断したり解剖したりするシーンが印象的でした.

非現実とはいえ,あまり長く見ていられるシーンではないですね.

 

一方で敵側の人間はかなり頭のキレる人間で単身で主人公が捕まってる施設に乗り込んできたり,知略を巡らして目的を実行する様はわくわくしました.

作品に頭の良く万能的な人間が物事を遂行していく様を見るのはとても楽しいです.

次は何をしてくるのか,主人公にどんな投げかけをしてくるか等です.

まだまだ伏線も多く,今後どのように伏線が回収されるのかが見所ですね.

 

 

同作品は3部で構成されているので,次回作が楽しみです.

次は5月らしく,すぐに続きが見られないのが残念です.